お見合いの具体例 お見合いというシステム

omiai.jpg

お見合いパーティー

お見合いパーティーってご存知ですか?

お見合いパーティーとは、結婚意識の強い男女がホテルなどの会場に集まり、ちょっとした食べ物や飲み物を飲みながらお話するといったパーティーのことです。

「お見合い」というと固い感じがしがちですが、パーティーなのでもっと軽い気持ちで参加できる出会いの場という感じでしょうか。

お話するだけではなくゲームなどもあったりするので、より楽しめるのではないかと思います。

お見合いパーティーには種類があります。
結婚相談所が主催の会員限定のものと、一般の男女が参加できるパーティー会社主催のものとに分かれます。

一般の男女が参加できるものの方が、多くの方が参加しやすいと思うのではないでしょうか。

ちょっと前まではお見合いパーティーと聞くとどうしても「モテない男女が行くところだ」とか「焦っている感じがしてイヤだ」とか思われがちだったと思います。

人に話をするのもためらっていたのではないでしょうか。
しかし最近ではひとつの出会いの場として「参加してみようかな?」と思う男女が増えてきているようです。

今では雑誌やテレビで取り上げられたりするのをよく見ます。
気軽に参加できる場所となってきているんですね。

実際行ってみるとカッコイイ男性や、キレイだったりカワイイ女性がいたりするようです。
自分のタイプの異性に出会えることもあるかもしれませんよ。

少しでも興味を持っている方、思い切って参加してみてはいかかでしょうか。

外国人とのお見合い

外国人とお見合いができるというサイトを見つけました。
日本人の女性は欧米人への憧れが強く、「結婚するなら絶対に外国人がいい!」という方が結構いるようです。

実際私もハリウッド映画に出てくるような俳優さんには憧れていますし、ハーフの子供って目がクリクリで特別かわいいというイメージがあるので気持ちはわからなくもないです。

私の場合英語がまったくと言っていいほど話せないので無理なのですが。
英語など、日本語以外の言葉が話せて外国の文化に興味があり素早くなじめるというような方ならいいのではないでしょうか。

しかし現実問題、外国の方と知り合う機会というのはとても少ないですよね。
真剣に外国人との結婚を望んでいる方は、どこで出会えばいいのか悩んでしまうのではないでしょうか。

実際お見合いパーティーのような形で外国人専用のパーティーも開かれてはいるみたいなのですが、めったにないようです。
しかも都会で年に数回程度、地方に至ってはまったくないのが現状なのです。

そこで外国人とのお見合いサイトを利用する方がいるようです。
自分が興味を持っている国の方を選んでお見合いするというものです。

結婚相談所の外国人バージョンといった感じでしょうか。
登録している外国人も結構多いようです。

サイトのお見合いなので日本独特の堅苦しい雰囲気のお見合いではないですし、世話人や両親も付いてくることはありません。

外国人と本気で結婚したい方はサイトを覗いてみてはいかがでしょうか?

お見合いブログ

お見合いについて調べていると、お見合いブログというものをたくさん見つけました。

お見合いについて書かれているサイトは数え切れないほどあるのですが、実際に体験された方が感じたことの方がより参考になるのではないでしょうか。

お見合いをするきっかけとなった出来事から実際のお見合い、デートの経過など、見ていてとてもワクワクしてしまいました。

今でもお見合いをする方は少なくないといいますが、ブログを実際に目にすると本当に多いということを実感させられます。

お見合いでの失敗談などもたくさん見つけました。
何回もお見合いをしている方は、その失敗を次に生かしているようです。

しかしブログを書いた本人だけでなく、ブログを見ている人みんなにとってその体験談は参考になっているのだと思います。
実際に体験したリアリティのある文章だからこそなのです。

お見合いで出会って結婚したという方のブログも本当にたくさん見つけました。
お見合いをして本当に結婚を望んでいる方にとってこの現実はとても励みになると思います。

結婚生活のリアルなブログの中で「この人とお見合いしてよかった」というような言葉もたくさんあります。
このような言葉が一番勇気づけられるのでしょうね。

昔はお見合い結婚なんて当たり前だったけれど今の時代やっぱり恋愛結婚の方が多いですよね。
お見合いしたことのある人が周りにいないと、自分が疑問に思っていることを相談することもできません。

体験者のブログでお見合いについて勉強するというのも今風でいいのではないでしょうか

犬のお見合い

人間だけでなく、今はペットもお見合いする時代なんですね。
ペットを飼っていない方はあまりピンとこないかもしれませんが、特に犬のお見合いは本当にたくさん行われています。

今回は犬のお見合いについて調べてみました。

飼い主さんからしたら、とてもかわいがっているワンちゃんがいなくなってしまったら・・と考えると悲しくて仕方がないでしょう。

でもその子がいなくなっても大事にしていたその子と血が繋がったワンちゃんがいたら、その子同然にかわいがることでまた生き甲斐が生まれるかもしれません。

または新しく犬を飼いたいけれど、せっかくなら同じ犬種のキレイな犬を飼いたいという方もみえます。

そんな飼い主さんたちがネット上などで登録して、気に入ったワンちゃんとお見合いをさせるのです。

掲示板に載せる場合は、ワンちゃんの写真と犬種、生年月日、性格、クセなどわかりやすいようになるべく詳しく載せます。

特徴が詳しく書いてある方が探している飼い主さんにとって、大事なワンちゃんのいいお見合い相手を見つけやすいですもんね。

ワンちゃんのお見合いが成功して、子犬が産まれたとしましょう。

例えば子犬がたくさん産まれた場合、メスの飼い主さんは少し多く子犬がもらえます。

もしも1匹しか産まれなかった場合は、必然的に子犬はメスの飼い主さんだけのものになります。

それだけメス犬の負担が大きいということだそうです。
人間でも同じですが、出産は命がけですからね。

お見合いの世話人

お見合いの世話人を頼まれたら、まずはどんなことから始めたらいいのでしょうか?

お見合いは本人たちにとっては人生に係わる大きな行事です。
世話人を頼まれたからといって簡単に引き受けてはいけません。

自分の子供が年頃になると、本人の意志ではなく親が勝手にお見合い話を持ってくることがよくあります。

本人はまったく結婚する気がなかったり、親が知らないだけでちゃんとお付き合いしている相手がいる場合もあります。

それでは本人からしたら気分が悪い話ですよね。
ですからまずは本人たちに直接会って、本当に結婚の意思があるのかどうか、またはどんな結婚生活を送りたいと考えているのかなど事前に聞いておく必要があります。

返事はそれからするようにしましょう。

本人たちの結婚の意思を確認したら、希望の条件をできるだけ詳しく聞きましょう。
「いい方ならどんな方でも・・」など、曖昧だと後々トラブルの元になるかもしれません。

男性なら収入についても聞いておかなければいけませんね。
女性なら相手がどのくらいの収入なのか気になりますもんね。
共働きがいいのか専業主婦がいいのかも聞いておきましょう。

夫婦でどのくらいの収入でどのような生活をしていきたいと思っているのかは大切です。
結婚したら同居するのかしないのかもとても重要です。

必ず聞いておきましょう。
生涯を共に過ごしていくにあたって、お互いの健康状態を知ることも大切です。
健康診断の結果を取り交わすことを勧めるのもいいかもしれませんね。

お見合いの準備

お見合いをすることになりました。
何を準備したらいいのでしょうか?

準備するものというと、写真、履歴書、家族書、身上書です。
この4つの資料は相手に自分を知ってもらう大切な資料ですので、内容をしっかり確認しておきましょう。

字がヘタだから、字を書くのが苦手だからといって他の人に書いてもらうのは絶対にやめてください。
上手に書けなくても一文字一文字丁寧に書いたものは心がこもっているので相手にもよく伝わるでしょう。

写真は男性だったらスーツ、女性だったら清楚なワンピースか振袖で写っているものにしましょう。
一般的なお見合い写真というものですね。

お見合い写真とは別に2〜3枚、スナップ写真を入れてもいいかもしれません。
普段の姿を知りたいと思う方も多いでしょうし、日常の写真だと表情も柔らかいのでいいですよね。

しかしスナップ写真はひとりで写っているものか、家族と写ったものにしましょう。
友達と写ったものだと、もしかしたら相手が友達の方を気に入ってしまうことがあるかもしれないからです。

それと、どの写真もなるべく新しいものを準備してください。
写真の裏に撮影年月日などを書いておくといいでしょう。

これらの4つの資料はすべて、自分のことを知ってもらう大切な資料です。

今まで会ったこともない相手なのですから、自分も相手のことをたくさん知りたいですよね。

それに相手だけじゃなく相手のご家族にも見られる資料です。
内容を十分に確認してから封筒に入れましょう

お見合い仲介人の選び方

お見合いの仲介人にはどのような人を選んだらいいのでしょうか?
今回はお見合いの仲介人についてお話したいと思います。

まず仲介人を人に頼む場合、家族でよく話し合う必要があります。

たとえば、「家族は本人たちの結婚をよく思っているか」「自分の結婚観と相手の結婚観にそれほど差はないか」「結婚後の生活について、相手が同居を望んでいる場合それに応えられるか」などです。

それから仲介人が具体的なイメージを作れるよう、家族で意見を合わせておきましょう。

仲介人として適任なのは会社の上司や恩師です。
しかし注意しなければいけないことがあります。

もしもお見合い相手と合わないと感じた場合、断りづらくはないかということです。

断ったからと言って後々自分の仕事に影響が出てしまっても困ります。
いろいろな場合を考えてから、お願いしましょう。

親しい友達に頼むのもいいでしょう。
仲の良い友達の友達なら気兼ねなくお見合いすることができますよね。

しかし仲介人を頼んだ友達が、相手のことも自分のこともよく知っていないと意味がありません。
お互いの理想のタイプを知っているというのもいいところですからね。

さらに既婚者だと、結婚に関しても先輩なのでアドバイスをしてくれたりわからないことを気軽に聞けたり、とてもいいと思います。

逆に自分が仲介人を頼まれた場合ですが、相手に信頼されているということですからなるべく受けましょう。

しかし相手のことをよく知らない場合、相手や家族と会食などして情報を収集しておき紹介しやすいようにしておきましょう。

お見合い後の交際

お見合いがうまくいってお付き合いすることになった場合、どのようなことに気をつけたらうまくいくのでしょうか。

お見合い後の交際について書きたいと思います。

お付き合いしたいと思ったらまず紹介者に自分の意思を伝えましょう。
紹介者を通じて相手の思いを知り、同じ気持ちならばお付き合いが始まります。

基本的には普通の交際と同じようにデートすればいいのですが、お見合いの場合はなるべく早めにお互いの両親に会うのがいいでしょう。

手土産には菓子折りなど、形に残らないものを選ぶといいと思います。

デートの費用は割り勘が望ましいようです。
お互いの出費が大体同じくらいになるようにします。

紹介者が、これからは二人で連絡を取って会うように言うまでは、紹介者を通じてデートの約束をしてください。

また、交際の経過を紹介者に時々報告するようにしましょう。

お見合いの場合は普通の交際とは違い、結婚を前提とした交際なので3ヶ月ほど経った時点で結婚するのかしないのか、結論を出さなくてはいけません。

だらだらと付き合うのは相手にとって失礼にあたります。
せめて6ヶ月以内には結論を出しましょう。

結婚が決まったら、あとは通常の交際と同じです。
お互いの両親に結婚の意思を伝えてきちんとあいさつをします。

お互いの両親と本人たちで食事をするなどの場を設けるのもいいですね。

紹介者にも結婚の報告を忘れないようにしましょう。
お礼の言葉もしっかりと伝えましょう。

お見合いツアー

お見合いツアーというものを見つけました。
私が見たものは茨城県の小さな農村のものなのですが、今の時代は若い女性が少なく、お嫁さん探しが大変なのだそうです。

しかも農家と言うと一生畑仕事をしなければいけないというイメージがあるので、そのようなことに慣れていない女性は近寄りがたいのではないでしょうか。

しかしこのお見合いツアーの条件は、結婚歴・学歴・容姿はもちろん不問ですし、親との同居・別居は相談の上、仕事に出ることもでき、しかも農業をしなくてもよいというものなのです。
農家なのにめずらしいですよね。

もちろん交通の便が悪かったり近くにお店もあまりないですが、自然が好きできれいな空気のところに住みたいと思っている女性にとってはとてもいいのではないでしょうか。

お相手の男性はというと、比較的おしゃべりが苦手で口数が少ない方が多いようですが、とても優しい方ばかりなのだそうです。

穏やかな場所で育ったからでしょうね。
土地も持っているし、農家といっても兼業農家がほとんどなので男性は会社員が多いようです。

お見合いツアーといいますが、基本的にパーティーではなく一対一のお見合いです。
二日間ほどで2〜3人とお見合いをします。

日程は女性の都合に合わせて組めるそうですし、女性がとても優遇されたお見合いですよね。
自分の土地で悠々自適に生活したいという女性はぜひ、このような農家のお見合いツアーに参加してみてはいかがでしょうか。