お見合いに関して お見合いというシステム

omiai.jpg

30代のお見合い

30代という時期は一番結婚を意識する時期だと思います。
しかしお見合いをしたいという気持ちがあってもなかなか踏み出せないでいる方も多いのではないでしょうか。

結婚したいという思いはあっても、焦りからどうせうまくいかないなどとネガティブな考えを持っている方もいると思います。

しかもほとんどの方が「あまりガツガツしたくない」と思っていませんか?
結婚に関してはそんな考えでいてはいけません。

ガツガツというか、結婚する意思を強く持たないと実現できないのです。
まずは結婚したいという意思を強く持ってください。

そして30代の方は恋愛経験も豊富な方が多いですよね。
いろいろな男性を見てきたけれど、運命の人に出会えなかったという方はいませんか?

もちろん理想の人が運命の人であることが一番なのかもしれませんが、そうではない場合が意外と多いことをご存じですか?

結婚している方に聞くと、理想の人ではないけれど自然と惹かれあい運命の人になったという方が結構いらっしゃるのです。

結婚に対しての条件にとらわれすぎていたかもしれませんよ。
自分自身で視野を狭くしてしまっていたのかもしれません。

ある程度の条件は大切ですが、一番大切なのは自分の気持ちです。
好きだと思ったら理想はまず置いておきましょう。

自分の考え方一つで人生が変わるのです。
絶対に結婚するぞ!くらいの気持ちでいることが大切です。

お見合いというきっかけを自分自身で作ってみるのもいいのではないでしょうか。

世代別のお見合い

お見合いの場合、相手がどのくらいの結婚感を持っているのかすぐにはわかりません。
性別、世代によって結婚観って違いますよね。

人それぞれだとは思いますが、様々な結婚観を世代別にまとめてみました。

まずは20代。
男性の場合はまだ早いと思う方が多いようです。

しかし女性は25歳を過ぎるとだんだん結婚を意識し始め、30歳が近付くにつれて結婚意識が強くなっていきます。
こうしてみると20代は前半と後半でだいぶ差があるように思います。

次に30代の女性。
仕事も出来、経済的にも精神的にも安定してくる時期です。
それによって結婚したいという意識が最も強くなってくる年代なのではないでしょうか。

30歳を過ぎると「結婚したい」という気持ちが「結婚しなきゃ」というような焦りに変わってきます。
結婚できなければ仕事に生きようと決意してしまう方が多いようです。
男性の場合はこの時期が適齢期でしょう。

40代の女性はもう結婚についてあきらめかけている時期です。
社会的な地位や経済的にもひとりで生きていけると思ってしまうからです。

男性に頼らなくても平気だと自分に言い聞かせている方が多いのではないでしょうか。
男性はまだ適齢期です。

独身時代を十分過ぎるほどに楽しめたので早く結婚したいと思う時期でしょう。

お見合いをする場合、相手がどのような結婚観なのか気になるものです。
特に女性の結婚観は世代によってかなり変わってきます。

どの世代がどんな結婚観なのか、参考にしてみてはいかがでしょうか。

障害者のお見合い

障害者の結婚というとあまりピンとこない方も多いのではないでしょうか。
しかし障害者の方も健常者と同じように結婚して、自分の子孫を残したいと思っていることに変わりありません。

今は障害者のお見合いもあるそうです。
障害者同士はもちろん、理解がある方なら健常者でも登録できる結婚相談所です。

ベトナムの「ベトちゃんドクちゃん」の弟、グエン・ドクさんは2006年にめでたくご結婚されました。
お相手の女性は健常者のテュエンさんです。

友人の結婚パーティーで出会ったそうです。
ドクさんは身体障害者の支援活動に積極的に取り組むテュエンさんに惹かれ、テュエンさんは困難に立ち向かって前向きに生きているドクさんに惹かれて結婚を決意したそうです。

しかしもちろんふたりの間には障害がありました。
テュエンさんの両親の反対です。

障害者のドクさんと結婚しても障害を持った子供が生まれてくるんじゃないかという不安があったようです。

失礼かもしれませんが、親ならだれもが心配することでしょう。
しかしドクさんが結婚を許してもらえるまで毎日ご両親に会いに行き、ご両親がドクさんの誠実さに負けて了承したのです。

ドクさんは子供について、「可愛い女の子がいい」と言い、「障害があっても、自分の血を引き継いだ子が欲しい」と重い口を開いて話したようです。

障害者のお見合いは結婚相談所などで行われています。
もしも理解のある方がいらしたら、一度覗いてみてはいかがでしょうか。

人気のお見合い相手

女性が選ぶお見合い相手で断トツ人気なのが医者だそうです。
「白衣の王子様」ともいうみたいです。

しかし収入が多いからという理由だけで選んでしまうと、実際結婚してから「こんなはずじゃなかった」と思ってしまうかもしれません。

ですから今回は医者のメリット、デメリットを挙げてみたいと思います。

まずはメリット。
これはやはり平均収入が高いことでしょう。
普通のサラリーマンの2倍から10倍の年収だといわれています。

そして社会的地位。
体調が悪くなったときに誰もがお世話になったことがあると思います。
人から感謝され、尊敬されるお仕事ですね。

次にデメリットです。
勤務医だと特に多いのでしょうが、夜勤や急患などで時間が不規則になってしまいます。
そして医者という職業は人間関係がとても複雑なようです。

上下関係が厳しいようなので、上司からの誘いは断れません。
付き合いが大切なのです。

それにストレス。
人の命にかかわる大事な仕事なので一般の方には考えられないほどのストレスをかかえている場合があるそうです。

このように、ここで挙げたことよりもはるかに多くメリット・デメリットはあると思います。
お医者さんだって普通の人間には変わりありません。

しかし、人の命を預かる特別な職業ということにも変わりありません。
「とにかく医者がいい」という女性には特に、このようなことを一度考えていただきたいです。

少なくとも結婚というのは人生の中でも特別なことです。
結婚生活を具体的に思い浮かべてみるのがいいでしょう。

ドラマ「お見合い結婚」

ドラマ「お見合い結婚」を見たことがありますか?
私は実は毎回見ていたわけではないのですが、どこかとても印象に残っているドラマのひとつです。

頑固で言いたいことははっきりと言ってしまう性格の節子が大失恋をして、家族にお見合いを強引に勧められます。

同じように上司の勧めを断り切れずにお見合いすることになった光太郎。
そんな二人が衝突しながらも回を重ねていくうちにお互いを認め合い、成長していくというストーリーです。

光太郎は一見情けない性格の男性です。
しかし時折見せる優しさや男らしさに多くの女性が魅かれたのではないでしょうか。

たとえば山の中をさ迷っているときに雨が降ってきてしまったシーンで、自分が着ている上着を脱いで節子に羽織らせた光太郎。

恋愛ドラマによくありがちなこのシーンですが、ユースケ・サンタマリアさんがやることによってくささや嫌味が全然なく、とてもいいシーンになっていたような気がします。

最後の回あたりでは互いに惹かれあっていた二人だったのに、「お見合い」というシステムにより光太郎の方から破談を告げました。

しかし最後に公園で別れるシーンで、「やっぱり別れたくないよ」と光太郎は自分の意志で下した大きな決断をやめにしようと言ったのです。

男らしくないし情けないけれどやっぱり節子のことが好きだという光太郎の思いをすごくうまく演じきれていてとても感動した場面でした。

ユースケ・サンタマリアさんだからこそ出来た役だったのではないかと私は思いました。

お見合いの疑問点

お見合いについてみなさんが疑問に思っていることを調べてみました。

まずは釣書について。
釣書とは、お見合いをするために必要な写真や身上書、履歴書などの資料のことです。

昔から使っている言葉みたいなのですが、結婚相手としてふさわしいか、相手とつり合いがとれているかなどを決めるためのものという意味らしいです。

次にお見合いの費用についてですが、お食事をした場合にかかった費用は仲人の責任です。
当日もたもたしてしまわないように、男性側が仲人さんと打ち合わせしておくのがいいでしょう。

紹介者へのお礼についてですが、お見合いがうまくいった場合は結婚が決まった時点でお礼をします。

紹介者に結婚式の媒酌人までお願いする場合には、結婚式が終わってからすべてのお礼を兼ねて現金を送ります。

うまくいかなかった場合にはそれぞれがお礼をしましょう。
相手の立場や自分との関係などをよく考えて、現金やギフト券、同様の額の品物などを送りましょう。

再婚の場合ですが、自分にとって不利な内容でも世話人にはなるべく包み隠さず話しましょう。
子供がいるかどうか、前回はいつ結婚していつ離婚したか、離婚の原因なども伝えておかなければなりません。

相手が何も知らなくてうまくいったとしたら、相手にとってとても失礼にあたりますからね。

連絡先の交換はお見合い当日に行ってはいけません。
その日のうちに意気投合して電話番号など交換してしまうのは失敗のもとです。

世話人に「あとは二人で」と言われるまでは世話人を通じて約束などしましょう。

お見合い結婚と恋愛結婚

お見合い結婚と恋愛結婚、まったく違うものと考えている方がほとんどではないでしょうか?
私もその大勢のうちのひとりでした。

恋愛結婚というと大恋愛の末に結婚し、出会いさえも運命的に思えてしまう・・という感じですよね。

お見合い結婚はというと親が決めた人と会って数ヶ月で結婚し、そこから家庭を築いていくといったイメージでしょうか。

しかし最近では、お見合いも出会いのひとつと考える人が多くなってきているようです。
出会い方がちょっと違っているだけで、恋愛の形は同じだということです。

お見合いをしてから3ヶ月から6ヶ月の間に結婚の意思を確認し合わなければいけませんが、それまでは二人の自由な恋愛期間だと思うのです。

お付き合いを始めてから個人情報や自分のことについて知ってもらえばいいのです。

3ヶ月いっしょに過ごせば相手のことは大体わかりますしね。
内容の濃い3ヶ月間にすればいいのです。

ただ、きっかけがお見合いだったというだけです。
今ではそれを理解している方もたくさんいるようです。

こうなってくるとお見合い結婚と恋愛結婚の線引きが正直難しく思えます。
でもそれが現代のお見合いの形になってきているようです。

今となっては「お見合いって古臭い」だとか「親が決めた人」だとかいう考え自体が古臭くなってきているみたいですよ。

結婚したいけど出会いがなかなかないという方、出会いのひとつの方法としてお見合いをしてみてはいかがでしょうか?