お見合いの心構え お見合いというシステム

omiai.jpg

お見合いでのプッシュ(女性)

お見合いで相手に好意を持った場合、どのように伝えたらいいのでしょうか。
女性から男性に好意を持った場合の注意点についてまとめてみました。

男性は女性に褒められることが大好きです。
男性が女性を褒める場合は容姿についてだとセクハラになる場合がありますが、女性が褒める場合はなんでもいいのです。

男性は単純なので体のどこか一部でも褒められるとすぐに喜びます。
そんな女性を嫌いになる男性はいないので安心しましょう。

次に否定しないということです。
男性の話に耳を傾け、少し間違っていると思っても否定はしないでおきましょう。

結婚すれば尻に敷けるのでここでは我慢です。
そして、次回に期待を持たせることも大切です。

男性は脈の無さそうな女性に興味ありません。
「いいなあ、今度連れてって欲しいです」などと言える女性に男性は惹かれるのです。

男性に比べて女性は、何も分からない異性をすぐに好きになったりはしませんよね。
もちろん一目惚れすることもありますが、それはまだ相手のことをあまりわかっていない状態だからなのです。

「ビビッとこなかったから」とか「どうしてもまた会いたいという気持ちまではいかなかった」などという理由でお断りする女性がよくいるそうです。

しかしそれはとても損していることかもしれません。
嫌な感じだったとか受け付けない部分があったとかだったら仕方ないですが、そうでないのならまた会ってみてはいかがでしょう。

何度かお会いしてみると、惹かれていくことがあるかもしれませんよ。

お見合いでのプッシュ(男性)

お見合いで相手に好意を持った場合、どのように伝えたらいいのでしょうか。
男性から女性に好意を持った場合の注意点についてまとめてみました。

褒め言葉の言い方についてですが、きれいな女性に「きれいですね。」というのは大した褒め言葉ではありません。

言われ慣れている場合、効果がないかもしれないからです。
容姿について褒めるよりもなによりも、「タイプなんです。」という言葉が一番効果があるでしょう。

太っていようが細かろうが、全部含めてタイプだと言ってもらえると女性はうれしいものです。
次に、相手に同調するということ。

会話の中で相手が同意してほしそうなときには、「そうですよね」「その気持ち、わかります」などと同意してあげましょう。
反論は仲良くなってからにしてください。

そして、「また会ったら楽しいことがありそう」という気持ちにさせることも大切です。
面白い所を知っている、おいしいレストランを知っているなど単純なことかもしれませんがそれに惹かれてまた会ってみたいと思う女性は多いです。

アピールしましょう。
そして最後に、自分の気持ちはあらかじめ伝えておきましょう。

何回も言うのではなく、「またお会いしたいです」と言う程度で結構です。
何回も言うのはしつこいと思われるかもしれないので気をつけましょう。

相手がその場では「私も」と言わなくても、相手には十分伝わっています。
また会いたいと言われてうれしくないわけがないので安心しましょう。

お見合いでの会話(女性)

お見合いでは具体的にどんなことに注意して会話すればいいのか、気になる方も多いのではないでしょうか。
今回は女性側の会話の注意点についてまとめてみました。

男性は基本的に尊敬されることを好みます。
女性に教えてあげたい、頼りにされたいと思っています。
まずそれを知っておいてください。

女性側も相手に余計な事を言わず、聞かずに会話をしましょう。
同性の友達だったら普通に話すことが、男性には話さない方がいいこともあります。

まずは人の悪口。
男性は女性に比べて人の悪口を言いませんし、人の悪口を言う女性を嫌います。
ましてや初対面ですから、同性の友人と同じように会話するのはやめましょう。

次に過去の交際相手の話。
男性はヤキモチ焼きが多いそうです。
たとえ過去であっても嫉妬してしまうのです。

女性にとってなんの得にもならないのでやめておきましょう。
そして贅沢な話。

ブランド品や高級レストランの話などの贅沢な話は、女性にとっては楽しい会話でも男性にとっては息の詰まる話でしょう。

お金のかかりそうな女性と結婚したいと思う男性はあまりいないはずです。
気をつけましょう。

もしも男性の口数が少なかった場合、趣味や仕事について質問してみてください。
男性は女性におしえてあげることが好きですから、せきを切ったように話しだすでしょう。

「初めて知りました」というような相槌を打つと男性は心地よくなります。

余計なことに注意して会話を楽しめるといいですね。

お見合いでの会話(男性)

お見合いでは具体的にどんなことに注意して会話すればいいのか、気になる方も多いのではないでしょうか。
今回は男性側の会話の注意点についてまとめてみました。

大概の女性はおしゃべりです。
これといって用件のない電話で何時間もしゃべれたり、しゃべることによってストレスを発散できたりするのは女性がおしゃべりだからです。

しかしお見合いとなると自分がおしゃべりだと思われたくないですから、自然と口数も少なくなるでしょう。
男性がリードできるといいですね。

誰とでも楽しく会話でき話を盛り上げる自信があるなら、注意することはふたつだけです。
余計な事を話さない。
余計な事を聞かない。
ということです。

具体的に説明すると、まずは両親のこと。
親孝行な息子をアピールするのは嫌われます。

親のことをよく言いすぎてもおかしいですし、悪口なんて最悪です。
特に母親のことを話すとマザコンというイメージがついてしまうのでやめましょう。

次に、過去に付き合った女性の話。
相手が興味を持つ場合もありますが、もう少し仲良くなってからの方がいいでしょう。
逆に女性に聞くのもやめましょう。

そして、悲観的な現実の話。
自分が勤めている会社の業績が悪化しているなどの話は、お付き合いする前には言ってはいけません。
こんな男性と生涯を共にしたいと思う女性はいないですよね。

相手と気持ちよく会話するためには聞き上手にならなくてはいけません。
相手の意見に共感することで、自然と相手も好意を持ってくれるでしょう。

お見合いのポイント(女性)

今回はお見合い当日に女性が気をつけるポイントについて調べてみました。

まずは待ち合わせの場所。
ホテルのロビーなどの場合、目立つ場所で立っていてください。

目立たない場所でこっそり立っている女性を男性が良く思うわけがありません。
目立つ場所で立っていれば男性側から声をかけてくるでしょうから、「○○さんですか?」と聞かれたら普通に「はじめまして、○○です。」と言えばいいでしょう。

最初はお礼を言いましょう。
「今日はわざわざありがとうございます。」
この程度で結構です。

男性側から言うセリフですが女性側から言っても、感じのいい方だなと思ってもらえるでしょう。
そして笑顔で言えれば完璧です。

男性は女性の笑顔が好きなので常に笑顔でいることを心がけてください。
信じられない方も多いと思いますが、男性は初対面ですでにこの人と結婚したいと思うらしいです。

女性からすると「会ったばかりじゃないの」と思うかもしれませんが、科学的にも証明されている事実なのです。

ですから女性にとっては最初が肝心だということです。
会話の途中に横を見ていることがないようにしてください。

これは最悪です。
下を見ているよりも横を見ながら会話する方が、相手を馬鹿にしているような態度に見えるのです。

お見合いは何回目か。
どうしてお見合いしているのか。
今までどんな女性と出会ったか。
などの余計な質問はやめましょう。

自分の過去の男性の話や高級なものの話など、余計な会話もしないでおきましょう。

お見合いのポイント(男性)

お見合い当日、男性が注意するポイントについて調べてみました。

まずは待ち合わせの場所。
ホテルのロビーなどの場合、目立つ場所で立っていてください。

目立たない場所でこっそり立っている男性を女性が気に入るわけがありません。

目立つ場所で立っていれば女性は男性に視線をそそぐでしょうから、自分から声をかけましょう。
そして最初はお礼から言います。

「はじめまして、○○です。今日はどうもありがとうございます。」
これくらいのお礼がいいと思います。
堅すぎるお礼もあまりよくないようです。

相手側の立会人がいる場合、際どい質問もあるかもしれませんが、必ず丁寧に受け答えしてください。
相手の立会人を味方に付ければ、立会人が縁談をいい方向に持っていってくれるかもしれません。

待ち合わせの場所から移動するときには、何気ない会話で結構ですので話をすることを心がけてください。

季節の話題程度でいいですので、無言で歩くのだけはやめましょう。
会話はすればするほど相手との距離が縮まります。

会話についてタブーなことがいくつかあります。
どうしてお見合いしているのか。

お見合いは何回目なのか。
どうして自分とお見合いしたのか。
自分はモテないわけじゃないんです。

お見合いの動機なんて聞くものじゃないですし、失礼なだけです。

モテるかどうかなども自分から言うことではなく相手が感じることですから、わざわざ初対面の相手に言う言葉ではありません。

これらのポイントに気をつけてがんばってください。

お見合い成功の法則

お見合いをこれからしようとしている方、気に入った相手なら絶対に成功させたいですよね。
今回はお見合い成功の法則についてまとめてみました。

まず一つ目。
相手に求める条件はできるだけ絞るということです。

妥協は絶対にしたくないという方もいるかと思いますが、身長は何センチ以上がいいとか収入はいくらが理想だとか、その程度にしましょう。

細かいことを挙げるとキリがありません。
世話人に迷惑をかけないよう2つか3つに絞りましょう。

二つ目は履歴書などの資料についてです。
今はパソコンの時代なので字を書くという機会が減っているでしょうが、必ず自分の字で書きましょう。
字が苦手だという方もたくさんいると思います。
でも丁寧に書いた文字というのはその人の気持ちや性格があらわれたりしますよね。

自分を売り込む資料なので必ず心を込めて書きましょう。
そして写真についてですが、今はわざわざ写真屋のスタジオで撮る必要もないようです。

正装で写っているものと、ラフな格好で写っているものを2〜3枚準備します。
自分一人で写っているものか、家族と一緒に写っているものにしましょう。

三つ目はお見合いの場での着席位置についてです。
席がもう最初に決められている場合はだめですが、お見合い相手とは対角線上に座るといいそうです。

真正面に座るよりも緊張が和らぐ感じがするのではないでしょうか。
緊張が和らげば、落ち着いて話ができますよね。
これからお見合いをする方は試してみてはいかがでしょうか。

お見合いの反省点

お見合いについて調べていると、お見合いをしたことがある方の体験談の中には反省点というのも多く見られます。

「お見合いを受けてはみたものの、それほど結婚したいわけでもなかった」という方がよくおられました。

相手の方は本気で結婚を考えているのですから、「1回会ってみるか」くらいの気持ちでは相手に失礼です。
紹介者の方には日頃からお世話になっているからという理由でも、自分が結婚をそれほど意識していないのならお断りしましょう。

お見合いというのは当人同士だけの問題ではなく親と紹介者の関係もあるかもしれないので、お断りする場合には必ず丁寧にしましょう。

お見合いをすることに決まったら、相手や相手のご両親が自分のどんなところを見ているかわからないのでマナーについてはしっかりと勉強しておきましょう。

ある程度、最低限のマナーやルール、一般的なお見合いの流れなどは頭に入れておいた方がいいです。
緊張するものだと思うので、何も知らないと余計にパニックになってしまうかもしれないので。

お見合いをしてみて相手とは合わないと感じた場合、もう一度会うことはないでしょう。
「1回会っただけでお断りするのは失礼かもしれない」と思う方もいるでしょうが、答えを先延ばしにする方が失礼にあたります。

先延ばしにすることが優しいと思うかもしれませんが、結婚を真剣に考えている相手にとっては逆に傷つけてしまうだけです。

自分の中で結論が出ている場合には、すぐに伝えましょう。

お見合いの注意点

お見合いでは注意しなければいけないことがたくさんあります。

まずは服装です。

あらたまった格好でというのはもちろんですが、例えば女性が振袖を着ているのに男性はラフな服装といった感じでは困ります。

男性はシワのないスーツにワイシャツでいいでしょう。
清潔感のある髪型で臨みましょう。

女性はアクセサリーなどで飾り立てないほうがいいようです。
化粧も控え目のほうが、上品なイメージをあたえるみたいですよ。

双方の服装にあまり差が出ないようにあらかじめ世話人に聞いてみるのがいいでしょう。
やっぱり相手にいい印象を与えたいですもんね。

次にお見合い中の注意点です。
友達と話すのではないのですから、言葉遣いには十分気をつけましょう。

馴れ馴れしいのは禁物です。
自分の話を長々と話すのもいい印象は与えないでしょう。

相手の話にも耳を傾け、五分五分くらいの会話をしてください。
相手の話を聞き出そうと身の上調査のようになってもいけません。

うまくいけばこれからも会えるのですから、相手のことをもっと知りたいと思ったらゆっくり時間をかけて知っていきましょう。

過去の恋愛やお見合いの体験談などの話はもちろんタブーです。
相手はそんなこと聞きたくないかもしれません。

最後にタバコについてですが、最近は喫煙者が少なくなってきているようです。

相手がタバコを嫌っている場合も多いと思いますので、お見合いの席では吸わないようにしましょう。

どうしても吸いたいときは、二人きりになったときに相手に了承を得てから吸うようにしましょう。